体育祭スローガンのネタ&アイデアまとめ!英語や流行語もあり?

体育祭スローガン1

秋に入ったのなら、そろそろ体育祭に向けての準備が始まりますよね。

 

クラス一丸となって楽しむこの行事に、

クラス毎にスローガンを決めなければいけない学校も多いのではないでしょうか。

 

今回は、体育祭のスローガンの考え方についてまとめていきたいと思います。

Sponsored Link


体育祭のスローガンのアイディア出し

体育祭スローガン2

体育祭のスローガンのキーワードと言えば、

汗や涙、友情、加えて青春を忘れてはいけません。

 

まずは、青森県の高校総体のスローガンを参考にしてみましょう。

 

こちらを見ると「限界を超えろ」や「風となれ」、「空を舞え」、「駆け抜けろ」など、

命令形になっているスローガンが多く感じます。

 

体育祭も人気のキーワードが努力や挑戦、青春とのことですので

命令形を取り入れるのは鉄板かもしれませんね。参考にしてみて下さい。

 

また、ネタとして楽しめるのは、流行のドラマやCMの文字遊び。

巷で流行っているのが「弱くても勝てます」(同名ドラマ)の文字遊びスローガンで、

「~でも勝てます!」とのことでしたので、筆者もいくつか考えてみました。

 

①「Let it go!~ゴールの向こうまで~」(人気アニメ映画主題歌の文字遊び)

②「ゴールを抜けるとそこには優勝旗でした」(川端康成の【雪国】の言葉遊び)

③「速攻クラス○(クラス名)チーム」(洋画の言葉遊び)

④「We are the チャンピオン~1人1人が優秀賞~」(洋楽曲名の文字遊び)

⑤「弾丸走覇」(人気ゲームの言葉遊び)

⑥「諦めたら駄目じゃん、勝たなきゃダメどう!」(某朝ドラマの名言文字遊び)

 

もし特別な斬新さを求めず、クラスのテンションを上げるであれば、

命令調にサブで言葉を足すのも有りです。

 

最初に述べたように四文字熟語や、

一文字の漢字、英単語でもサブタイトルを入れると、アーティスティックで格好良いですよね。

 

例えば、人数が多い学級であれば

「輪~40人でバトンを繋ぎ最高の体育祭に~」など、

大枠で1つ入れてから、その文字が何を意味しているのかをサブで説明しましょう。

 

また、この大枠と小枠の組み合わせは、

先日放送された24時間テレビでもお馴染みです。

 

「START!~一歩を踏み出そう~」、「誓い~一番大切な約束~」など、

最近はこのスタイルがまとまりもよく見え、使用している学校も多いと思いますので、

一言で難しい場合は2段階スタイルをアレンジしていきましょう。

 

英語のスローガンのオススメとは?

体育祭スローガン3

英語のスローガンを付けたい場合は日本語をそのまま英訳するよりも、

英語の格言を言葉遊びして使用する方がしっくりときます。

 

いくつか体育祭向けの格言を紹介します。

 

①Boys,Be Ambitious!(少年よ大志を抱け)…クラーク博士

②All for one and one for all(1人は皆の為に、皆は1人の為に)…三銃士よ

③Never,never,never,never give up!(決して屈するな。決して、決して、決して!)

…イギリスの政治家ウインストンチャーチル

 

これ等の言葉は力強くて、体育祭にぴったりですね。

よく使用する単語として、駆け抜けるはrun past、

青春はyonthful.情熱はpassion.となります。

これらも是非活用して下さい。

 

スローガン制作のポイント

体育祭スローガン4

スローガンの作り方ですが、せめて学校内で通じるネタにしなければ、

スローガンで掲げる意味がありませんのでネタに走るのであれば、注意が必要です。

 

スローガンのお手本にしたいのが、ジブリ映画のキャッチコピーです。

え?と思わせつつ、短い言葉で作品が伝わるキャッチコピーを

編み出す為のヒントが隠れているように思いますので、参考にしてみましょう。

 

私が好きなのは、【紅の豚】の「カッコイイとはこういうことさ。」ですね。

~しよう!やろう!というスローガンはありがちな上に

押し付けがましく思えることもあります。

この【紅の豚】のようも、独り言のように呟くスローガンも有りかもしれませんね。

 

 

さて、今回の体育祭のスローガンは参考になりましたでしょうか。

 

楽しいスローガンを付けて、ハチマキやクラスTシャツのデザインにも

力を入れてみてはいかがでしょうか。

きっと楽しい体育祭になるハズですよ。

※他の人の言葉や作品の文章を使用する際は、
著作権の利用可能範囲内で行って下さいね。


Sponsored Link

コメントを残す