秋祭りデートの男受けおすすめコーデまとめ!浴衣はあり?なし?

秋祭りデート1

秋のお祭りと言えば、ただ盛り上がるだけでなく
食を楽しんだり、郷土の歴史を感じたりと、
夏祭りとは一味違う魅力がありますね。

 

夏祭りよりも涼しくなり、幅広いオシャレを楽しめる秋祭りで
意中のあの人と密着して秋祭りデートを満喫したいものですね。

 

今回は、女子力を上げて秋祭りデートを楽しむ為の秘訣についてまとめていきます。

Sponsored Link


デートを意識した秋コーデテクニック

秋祭りデート2

涼しくなった秋には、ニットやパーカー、スタジャンとショートパンツや、
ミニスカートを合わせた長+短物スタイルが人気なようです。

 

気になる男の子ウケですが、男子は女子の肌につい目がいってしまうもの。

長+長で隠してしまうコーディネートは
男子を落胆させてしまう原因のようですので注意しましょう。

 

また、女子としては、どうしても黒いレギンスで露出を抑えてしまいますが、これもご用心。

男子は黒い物で足を隠していると重い印象に捉えてしまうようです。
ですから、薄手の肌色ストッキングなどでカバーしましょうね。

 

また気になる柄ですが、パーカーやスタジャンの場合は、英字物が人気なのだそう。

しかし、よく考えて着こさないとテレビで放映されているような自虐ネタや、
お色気系メッセージを身に付けてしまうリスクもあります。

道端で外国の方から白い目で見られないように
あらかじめ洋服のロゴやメッセージの意味を調べて確認しておくと安心ですね。

 

また、秋のトレンドはチェック柄なんだそう。

ただの縞模様では面白みがありませんので、
タータンチェックでコーディネートしてみては如何でしょうか。

 

服が決まったら、次はヘアアレンジに挑戦です。

オシャレ女子に人気の髪型は
髪に空気を入れて少しカールさせるショートやボブスタイル。

ロングのように重くなく、ショートより女の子らしさを引き出す髪型には、
目に掛からない程度の前髪があるとより可愛らしくみえます。

顔周りで毛先をくねらせて、小顔効果を狙っちゃいましょう。

気になる髪色は、ブラウン系の方が落ち着いて見えるかもしれません。

 

浴衣を着るのはいつまでOKなの?

秋祭りデート3

夏祭りと言えば浴衣を着ている方が多いようですが、
浴衣を着ることが一般的に可能なのは、8月末までのようです。

9月に入って、いくらまだ暑さが残っているからといって
夏祭り同様に浴衣を着るのは止めた方が無難かもしれません。

 

本来浴衣は、お風呂に入った後に着る物です。
(温泉に常備されてあることからも分かりますよね!)

夏以外の時期に浴衣を着ようかと悩んだら、着物にしても良いでしょう。

 

ただ、どうしても着たい、
又は浴衣がないという方はアレンジして浴衣を着てみましょう。

 

例えば、襦袢を着るのに美容袴とキャミソールで済ませたり、
帯揚げにストールやスカーフを使ったり、
足袋も、靴下になっているタイプやレースの物を使うなどすると印象が変わります。

服装だけではなく、物を入れる為に巾着ではなく持ち手のついた手提げを使うと、
一気にファッショナブルになりますよね。

 

このように、秋に着ても周りから浮かないように着こなす工夫が必要です。

女子力アップの必需品とは?

秋祭りデート4

デートの際の持ち物って皆さんどうされていますか?

ケータイやお財布を入れたらまず、ハンカチとティッシュをバックに入れてしまいましょう。

今は、一昔前とは違いどんなトイレにでもジェットタオルがあり、
手を乾かせるので、正直必要ないかもしれない…。

と思いがちですが、ティッシュとハンカチはマナーの面から考えても常に持ち歩きたいもの。

いざとなって鼻もかめない、手も拭けないなんて女子として恥かしいですよね。

 

この他にも秋祭りと言えば芋煮や、
さんま祭りなど食べ物に関するお祭りも多いかと思います。

食事後のケアにタブレットやガム
口臭スプレーなどを持っていると活躍しそうです。

また、男性の好きな香水や、ちょっとした傷の為にばんそうこうを持参するのも
女子力アップの秘訣のようです。

これからの秋祭りプラン

秋祭りデート5

それでは早速、秋祭りのプランを考えてみましょう。

10月に開かれる祭りを関東中心に見ると、
千葉県の香取市で開かれる「佐原の大祭秋祭り」や、
埼玉秩父で開かれる「龍勢祭り」
東慶寺の「お月見の会」
宝田恵比寿神社の「日本橋恵比寿講べったら市」など
伝統的なお祭りが沢山あります。

 

また、お祭りの催し物も十分楽しいですが、
屋台があれば1つ2つ買ってみて外で二人で食べたり、
伝統的なお祭りに行った後はその土地ならではの食事が出来る場所に行き、
郷土料理などを味わうのも良いでしょう。

その日一日をお祭り気分で過ごすのなら、
その土地の人になりきりたいですよね。
更に、オシャレなレストランを予約しておき、
お祭りを楽しんだ後にレストランに向かうなどのデートコースも
上級テクニックかもしれません。

 

 

さて、秋祭りのデートまとめはいかがでしたでしょうか。

涼しくなり、夏とは違う幅広いファッションを楽しめるようになったこの時期、
動き易い服装に身を包み伝統的なお祭りのデートを楽しみましょう。

趣きのある神社や商店街をしっとりと見て周り、
その思い出をレストランで語り合うなんてのもイイですよ!

デートの成功を祈っております!


Sponsored Link

コメントを残す