電気毛布は体に悪いって本当!?正しい使い方と電気代比較!

denki_moufu

 

冬になると布団も冷たくてなかなか寝付けない、なんてことありませんか?

 

そんなときに便利なのが湯たんぽや電気アンカ、

そして「電気毛布」といった暖房寝具だと思います。

 

でも、電気毛布は使い方によっては体に悪いという話もありますし、

電気代が高くつくのではないかと心配な方もいるのではないでしょうか?

 

確かに電気毛布は正しい使い方をしないと体に悪いですが、

うまく使えば電気代も節約できて、体に害なく使える便利な暖房寝具です!

 

そこで今回は気になる電気毛布の正しい使い方や

他の暖房器具との比較をまとめてみたので参考にしてみてください!

Sponsored Link


 

電気毛布がカラダに悪いと言われる理由

6f8d28402b88654456fe140c75ce05dd_s

 

皆さんは電気毛布がカラダに悪いという話を聞いたことありませんか?

噂やホラ話ではなく、医学的にも危険とされている本当の話です。

 

使い方の問題なのですが、電気毛布を寝ている間つけっぱなしにしていると

体温調節がうまくできず脱水症状を起こす、

疲れが取れない、免疫力が低下して病気になりやすくなるといった症状を発症します。

 

これは高温状態で寝ていることでカラダが熱くなり、

体温を下げようと汗をかきすぎることで起こる生理現象が要因となっています。

 

多くの人は喉がカラカラになって起きたり、ダルさが抜けず寝た気がしないと感じるほか、

高齢者にいたっては脳梗塞で倒れる人もいるので電気毛布のつけっぱなしは危険ですよ!

 

しかし、正しい使い方をすれば電気毛布はカラダに害することなく、

快適な睡眠へと誘う便利道具になるので安心してください!

 

 

電気毛布の正しい使い方

7968c2169e4b9a5ff5b317f959f90857_s

 

電気毛布は冷たい布団を暖かい状態にしてくれる暖房器具のひとつです。

 

とはいえ、人間にはもとより基礎代謝によって発熱する力が備わっているので

最初さえ暖かければあとは布団の保温効果と体温だけで快適な睡眠ができます。

 

なので、電気毛布を使うのは寝る前の数分だけにして、

タイマーで切る、もしくは布団に入ったら切るようにしましょう。

 

それでも夜中に寒くて起きてしまう、温かい状態が続かないという人は

掛け布団を増やしたり、毛布も使って布団の保温効果を高めてあげてください。

 

 

電気毛布の電気代は?他の暖房器具と比較してみた!

money_kounetsuhi

 

暖房器具をはじめ、電気器具は電気代が気になりますよね。

電気毛布も毎日使うと電気代がかかると思っている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、電気毛布の消費電力は50~80Wが平均なので1時間あたり0.5~0.8円ほど。

最初の1時間だけ暖めて、寝る前に切るようにしても一ヶ月たったの15~24円

 

ほかの暖房器具だと一時間あたりの平均電気代が

 

エアコン・・・約40円
電気ストーブ・・・約26円
ホットカーペット・・・約8円
電気あんか・・・約0.1円

 

なので、かなり安く済むのがわかりますよね!

暖房寝具にホットカーペットを使う人もいますが断然、電気毛布の方が節約になります。

 

また、電気あんかの方が電気代は安いように見えますが

布団全体と足元だけでは暖かさが違いますし、あんかは一晩中つけることが多いので

一ヶ月の電気代も一時間だけ電気毛布を使う場合と大差ありません。

 

それなら布団全体が暖かくなる電気毛布の方がお得ですよ!

 

 

まとめ

 

電気毛布のメリットデメリットをまとめるなら

 

メリット

・電気代が安く済む
・布団全体が暖かくなって快適に眠れる

デメリット

・一晩中使うと体に悪い

 

となります。

使い方さえ正しければメリットしかないですよね!

 

もし布団が冷たくて眠れない…と思ったら電気毛布を使ってみてください!


Sponsored Link