厄年の男性がしてはいけないことは?2015年を良い年にする方法!

厄年男性1

人生で最も嫌なのが厄年ですよね。

体調不良や仕事の失敗など、不運が続く年になると言われています。

 

そんな年に男性がしてはいけないこと、

またどうすれば良い年でいられるのかをご紹介していきます。

Sponsored Link


 

2015年、厄年の男性は?

 

厄年には前厄、本厄、後厄があります。

本厄の前後一年が前厄と後厄です。つまり三年間は厄年となるわけです。

 

前厄

1992

平成4

24

1975

昭和50

41

1956

昭和31

60

本厄

1991

平成3

25

1974

昭和49

42

1955

昭和30

61

後厄

1990

平成2

26

1973

昭和48

43

1954

昭和29

62

 

表の年齢は数え年です。

男性の厄年の中でも42歳は大厄と言われ、もっとも注意が必要とされています。

 

厄年には何が起きる?

厄年男性2

様々な説がありますが、簡単にいえば

人生の節目を迎える頃や新しい出来事がある頃に色んなことが起きるということです。

 

例えば、

・仕事にも慣れ、少し気が緩んだところで大失敗をする

・体力が落ちてきて怪我が増えたり、病気になったりする

・出費が増えて金銭的に苦しくなる

などなど。

 

多くの人が怪我をする、交友関係の悪化、リストラといった悪いことが起きているようです。

 

厄年にしてはいけないことは何?

厄年男性3

そんな悪い状況に陥らないためにできることの一つ目として、

やってはいけないことがあると言われていますよね。

 

ここではそんな厄年の過ごし方についてご紹介します。

 

1、 新しいことを始めない

 

よく言われるのが家を建てる、引越し、転職など新しいことを始めることです。

大きなことほど転んだときに痛手ですからね。

 

2、 働きすぎない

 

できることや責任が増えてくると、疲れやストレスも増えるもの。

厄年の年齢は特にその傾向があるので、しっかり体調管理をして、無理せず働きましょう。

 

3、 後ろ向きにならない

 

笑う門には福きたる、という言葉があるように暗い気持ちのままでは

運も悪くなってしまいます。

なるべく前向きに過ごしましょう。

 

厄払い以外の対策

厄年男性4

厄払いを受けるだけでなく、悪い気から自身を守る方法をご紹介します。

 

お守り

 

厄除け、健康維持、交通安全などのお守りを持ち歩いておくといいかもしれません。

 

パワーストーン

 

こちらも運気上昇のアイテムとして有名ですよね。

金運や健康運など、自分の心配している運気の石をどうぞ。

 

風水を取り入れる

 

気の流れを正すことで運気をあげる方法。

あまり深く考えず、簡単なことをやってみるのがいいでしょう。

 

深く考えない

 

実は神社によって厄年の考え方や年は様々。

さらに厄年でもいいことがある人だっているのですから、

深く考えず、前向きに過ごしていれば大丈夫だと思います。

 

最後に

 

いかがでしたか?

厄年は運気が下がるというより、運気をためるという風に考えるといいでしょう。

 

あまり無茶はせず健康管理をしっかりし、

慎重に物事を考えて過ごせばいい年になると思います。


Sponsored Link