大掃除に上手に窓拭きする方法まとめ!サッシ掃除や便利グッズも!

年末窓拭き1

年末の大掃除、普段はあまり掃除しないところもやりますよね。

特に多いのが窓拭きだと思います。

でも窓拭きの正しいやりかたがわからない、綺麗にならない、時間がかかりそう…。

 

そんな疑問に答える、窓拭きの役立つ知識から掃除グッズまでをまとめました。

Sponsored Link


いますぐ使える掃除知識 ~窓ガラス~

 

窓が汚れる原因、それは外側なら雨や風による水垢や砂埃で汚れ、

内側は室内のホコリ、カビ、手垢などからきます。

ひどい時は遠目からもわかります。

 

そんな汚れを効率よく、簡単に落とす方法をご紹介します。

 

基本の3ステップ

 

ただ水拭きしただけでは汚れも落ちませんし、水垢が残ってしまいます。

 

窓拭きの基本は、

1 洗剤で拭く・・・汚れをしっかりと落とす

2 水拭き・・・洗剤を流す

3 から拭き・・・水気を取る

 

水だけでは取れない汚れを洗剤でとり、水拭きで流し、から拭きで水垢を防止する、

この三つが基本です。

 

洗剤はタオルにつけましょう。

直接かけるとムラになり、汚れが落ちにくくなります。

水拭きの際はぬるま湯でやると洗剤もよく落ちますよ。

 

新聞紙で拭く

年末窓拭き2

新聞紙に使われるインクは汚れを落とし、さらにワックスの効果もあります。

 

具体的な方法は、

1 新聞紙をくしゃくしゃにしてぬるま湯に付ける

2 すこし水気が残るくらいまで絞って、窓を拭く

3 残った水気を乾拭きする

 

ぬるま湯はインクを溶かしやすくします。

汚れがひどい場合は洗剤をつけましょう。

 

シールやペンキにはスクレーパー

年末窓拭き3

子供がつけてしまったシールの痕やペンキなどの汚れにはスクレーパーが役に立ちます。

スクレーパーとは上の画像のようなヘラのことです。100均などに売っています。

 

1 シールに熱風を当て、洗剤を染み込ませる

2 スクレーパーでこそぎ落とす

3 水拭きで洗剤を落として、から拭き

 

ペンキの場合は熱風はいりません。

スクレーパーは先が鋭いのでガラスを傷つけないように注意しましょう。

 

いますぐ使える掃除知識 ~サッシ枠~

 

窓ガラスの次はそれをはめるサッシ枠の掃除の仕方です。

普段気にしないところだけに、結構汚れていたりします。

 

サッシブラシと目地ブラシ

年末窓拭き4

サッシ枠のレール部分には画像のようなサッシブラシが便利です。

あらかじめレールを少し濡らし、洗剤をしみこませたサッシブラシで軽くこすりましょう。

角の部分はゴミや砂が詰まっているので、目地ブラシの先で掻き出しましょう。

あとは水で流して拭き取れば完了です。

 

割り箸にタオルやティッシュを巻いて、レールを掃除してもいいのですが、

どうしても角の汚れがとりづらいので、なんといってもブラシが一番おすすめです。

 

さらに窓をキレイに!カンタンに!便利グッズ紹介!

 

ここでは窓拭きに便利なグッズを紹介します。

 

スクイジー

 

窓拭き業者さんが使っているT字の器具のことです。

今では100均でも手に入ります。

慣れれば雑巾よりも早く、キレイに仕上がりますよ。

マイクロファイバー製クロス

 

から拭きの際、普通のタオルでは糸くずが窓に残ってしまうことが。

しかし、マイクロファイバー製のタオルは繊維のキメが細かいので

ムラなく、ゴミなくキレイに拭けます。

これも100均やホームセンターで手軽に手に入れられますので、ぜひ使ってみてください。

 

いかがでしたか?

大掃除で一年分の窓の汚れを落とし、ピカピカな気持ちのよい年を迎えてください。


Sponsored Link

コメントを残す