目黒さんま祭りの秋刀魚をなるべく待たずに食べるには?雨天決行?

今年も並んで食べたい目黒さんま祭り-22目黒さんま祭りとは、毎年9月の第一日曜日に行われている、落語『目黒のさんま』に由来したお祭りです。

無料で焼きさんま・生さんまを食べられるとあって、毎年大行列が出来る大人気のお祭りなのですが、

今回はこの『目黒のさんま祭り』に楽しく参加出来るように、

日程や交通網を確認していきます。

 

Sponsored Link


 

何時に行けばスムーズに食べられるの?

 

今年も並んで食べたい目黒さんま祭り-601

 

目黒駅周辺で行われる『目黒さんままつり』自体のスタートは、

例年午前10時からなのですが、

約2万人以上の方がさんまを食べる為に並びますので、

余裕を持って8時から並ぶのがベストのようです。

 

例え、8時に言ったとしても既に1.000人は並んでいることを覚悟して下さい。

 

さんまを食べるのに、3~4時間掛かるそうなので、

まるでテーマパーク並。

 

暑さが残る9月上旬ですから、特にお子様連れの場合は無理をせず、

日焼け対策の他・熱中症対策・飽き対策をしっかり行った上で

美味しいさんまを食べましょうね。

 

ドリンクとうちわ、帽子等は必須です!

 

 

雨天時ってどうするの?

 

今年も並んで食べたい目黒さんま祭り-878

 

雨天で、今日の大事な予定が台無し!

なんて言うこと多いですよね。

 

しかし目黒さんま祭りは、

ちょっとやそっとで中止になりませんから、ご安心下さい。

 

雨天時もテント式で屋根がありますので、

余程大きな災害や、警報が出なければ中止にはならない模様です。

 

その証拠に、多少場所のズレがあったとは言え、

続々とアイドルのコンサートが中止される台風接近の情報の中でも

目黒さんま祭りは決行されていました。

 

ある意味で、気合の入れようが違いますね!

 

 

どのくらい並べばさんまに辿り着く?目安時間は?

 

今年も並んで食べたい目黒さんま祭り-1127

 

気になる混雑具合と、待ち時間の情報についてです。

 

長い長いと噂の目黒さんま祭りの行列ですが、

さんま獲得の為に8時に並んだとしても、

恐らく3時間待ちは覚悟した方が良さそうです。

 

もし開始時刻の10時を目安に来場したと仮定して、

並び始めると、1km以上の行列に巻き込まれ食べるのも危ういのです。

 

用意されている無料のさんまは、

例年7.000匹程とのことですから、

少しでも早く並んでおきたいところです。

 

無事にさんまを獲得した後は、

脂の乗ったさんまに徳島名産の『すだち』を掛けて召し上がれ!

 

他にも、お笑いライブや落語会もありますので、

無料さんまに辿りつけなくとも、おもいっきり楽しめます。

 

 

何を利用して辿りつく?目黒さんま祭り

 

近年では、「最寄の交通機関をお使い下さい」が

お祭りの定番となっていますが、このさんま祭りもそのひとつ。

 

車用の専用駐車場は用意されていません。

交通手段は駅も近いこともあり、勿論電車です。
目黒駅東口で下車すると、

商店街まで1分程で到着するようなので、凄く便利なのです。

 

さて、落語の『目黒のさんま』を頭に入れたところで、

松平出羽守が口にした美味しい『目黒のさんま』を

あなた自身の口で味わいたくなりませんか?

 

ポイントは、暑さ対策の準備万端で、8時前には並ぶこと!

観光の際には、朝早起きして、周辺を散歩しつつ、さんまに並ぶ…

など、食べられないで泣かないようにしたいですね!

 

 


Sponsored Link

コメントを残す