「乙女の花」コスモスの豆知識!名前の由来や花言葉、名所まで!

cosmos-bipinnatus-20628_640秋の花と言えばコスモス。

小さな紫の花は可愛いらしく、見る側の心を癒してくれます。

このコスモス、実はタコスで有名なメキシコの生まれだって
言うことはご存知でしたでしょうか?

では、この花を意中の彼に贈る恋のライバルの心理とは一体何でしょうか。

今回は、コスモスの名前の由来から、栽培方法や種類、各地のコスモス名所まで
余すところなくお知らせします。

 

Sponsored Link


 

コスモスってそもそもどんな花?

 

コスモスは、火が沈むのが早まり、昇るのが遅くなる期間になると

花になる芽を作り始めるとされている短日植物で、イネやキクと同じ仲間です。

 

また、春になると種をまき、成長し、秋になると花が咲くので

1年間で花まで見ることが出来ます。

これは、小学校での課題でお馴染みのアサガオと等しい1年草の特徴です。

 

コスモスにも、勿論種類があり、秋を迎える前に花が咲いてしまう早咲き系と、

秋以降に咲く遅咲き系とがありますので、ご希望に沿ってホームセンターなどで

購入して下さい。

 

私のお気に入りは、シーシェルです。

036

 

コスモスって可憐なイメージでしたが、

シーシェルは面白いことに、花の中に空洞があるんですね!

 

 

コスモスの名前の由来と花言葉を知りたい!

 

乙女の花コスモスを100倍楽しむ豆知識_html_5da070f6

 

メキシコが原産であるコスモスでしたが、

その名前の由来について考えたことはあるでしょうか。

 

コスモスは、コスモということで、宇宙に関係あるのかと思いがちですが

そもそも英語ではなく、ギリシャ語のkosmosを指す、

「秩序」「整列」「調和」等に表されるように、

「美しさ」や「飾り」といった意味合いを込めて名付けられたようです。

 

花言葉は「乙女の心」「乙女の愛情」「初恋」などどれもロマンチックな物ばかりです。

 

それでは、プレゼントしたら喜ばれるだけでなく、

女子力の上がりそうなコスモスを早速栽培してみましょう。

 

 

コスモスの栽培方法は意外と簡単なんです!

 

乙女の花コスモスを100倍楽しむ豆知識_html_e12905ad

 

コスモスは春に種を撒くのが一般的ですが、その際には育苗箱は必要ありません。

直接植えたい場所に種を撒き育てることが可能な花なのです。

 

種を撒く方法としては、直接土の上にばらっと撒き、土を被せるという

簡単な方法で済むバラまきや、直根の野菜を栽培する際に用いる筋まきと呼ばれる

直線状に土に窪みを作り、種を落とした上で土を載せる方法とがあります。

こちらは、畑をイメージして下さい。

 

さらに、点まきと呼ばれる一定感覚を空けて種を撒く方法がありますが、

バラまきは途中で間引きする必要があります。

 

種を多く撒ける順に並べると、バラまき>筋まき>点まきになりますが、

コスモスの場合は、点まきをオススメします。

ただし、発育の良い花植物ですので、どの方法でも問題なく育ちますので、

土地と相談して決めてください。

 

 

ウィンターコスモスって何?その謎にせまる!

 

乙女の花コスモスを100倍楽しむ豆知識_html_463c736f

 

ウィンターコスモスって耳にしたことがあるでしょうか。

 

別名をビデンスと言い、黄色い花が咲くという特徴があります。

このコスモスは秋の終わりから冬にかけて花が咲き、生命力が高いので、

すぐ枯らしてしまうという心配はありません。

 

ウィンターコスモスは、メキシコ産のフェルリフォリア種と、

フロリダやテキサス産のラヴェイス種が主流ですが、

メキシコ産は一般のコスモスと同様の花を咲かせ、色は黄色。

 

フロリダ産は58枚と普通のコスモスより、やや花びらが多い他に咲く時期が遅めです。

 

当初はフロリダ産の方をウィンターコスモスと呼んでいたようですが、

今はこの2種類をウィンターコスモスとしているようです。

 

 

絶対見ておきたいコスモスの名所!

 

最後に、自分で育てる自身はないけど、観光がてらに見に行きたい!

という方にオススメのスポットを紹介します。

 

まずは、北から北海道の『太陽の丘えんがる公園』

こちらは、日本最大級のコスモス園で、1,000万本のコスモスが私達を出迎えてくれます!

結婚式まで出来てしまうのが魅力的ですね。

 

東北ブロックからは、宮城県の『やくらいガーデン』です。

こちらは、コスモスのみではなく、

ローズガーデン・ハーブガーデン・ラベンダー畑・ブルーベリー園なども

兼ね揃えていますので、見応えがあります。

 

都内では、『浜離宮恩受け賜庭園』でキバナコスモスが楽しめます。

 

中部では『黒姫高原』でリフトに乗ってコスモス畑を一望することが可能です。

 

近畿では、お寺とコスモスが一体となっている、

『般若寺』なんて落ち着きがあって和を感じます。

九州地方に足を延ばすと、『キリンビールパーク福岡』にて

ビール工場見学と共に美しく咲き誇るコスモス畑を見ることが出来ますよ。

皆さんも今年は近くのコスモス園に足を運んでみては如何でしょうか。


Sponsored Link

コメントを残す