秋の結婚式・二次会の服装おすすめは?オシャレコーデ紹介!

1とてもおめでたい友人の結婚式。

お呼ばれして嬉しい反面、どんな服装で行こうか

迷った経験のある方は多いのではないでしょうか。
今回は、秋の結婚式での女性の服装について、

ポイントや注意点、実際のドレス等をご紹介します。

 

Sponsored Link


 

秋ならではの服装ポイント

 

秋の結婚式では、まず気温について悩まれる方が多いかと思います。

昼はそこそこ暖かくても、夜になると肌寒くなる、

過ごしやすい反面、服装では悩ましい季節ですよね。

 

それで秋の結婚式では、ノースリーブや半袖のドレスに、

温度調整のためのストールやボレロを合わせると良いでしょう。

 

またドレスは、秋らしい色を選びましょう。

ブラウンやボルドー、モスグリーン、マスタード等、

秋は素敵でおしゃれな色がたくさんあります。

 

また素材は、シルクやサテン、ベロア等が秋らしく好まれるでしょう。

 

 

秋の服装・注意点!

 

2

 

結婚式にはもともと服装について幾つか注意すべき点がありますが、

その中でも秋だからこそひっかかりやすい

ポイントをおさらいしておきましょう。

 

まず、「秋らしい色」の中には、ベージュや黒が含まれます。

ドレスとしても一般的なこれらの色ですが、

結婚式の場合は注意すべきです。

 

ベージュは、花嫁のドレスである白に近い色です。

写真ではフラッシュの関係で白く写ってしまうことも多いです。

そのため、ベージュは避けた方が無難でしょう。

 

また黒は、お葬式を連想させる色なので、あまり好まれません。

どうしてもという時には、ストッキングは黒を避け、

小物で華やかさを演出しましょう。

 

次にドレスそのものですが、

肩を出すような露出の高いドレスは問題はないものの、

何か羽織るようにしましょう。

 

その際羽織り物にファー素材を選ぶ方が多いようですが、

ファーや革は殺生を表すので、

本来は結婚式にはふさわしくありません。

 

靴に関しては、9月だと涼しくつま先が開いたものを履く方がいますが、

指が見える靴は結婚式にふさわしくないため気を付けましょう。

 

また、健康上に問題がない限りは、

ヒールのある靴をはくようにしましょう。

 

秋らしいドレス紹介!

 

3

 

ブラウンベージュのサテン素材のドレスです。

 

華やかさと上品さを兼ね備えており、

結婚式らしい大人なドレスと言えるでしょう。

 

 

4

 

ボルドー色の秋らしいドレスです。

 

色が少し暗めなので、

明るめのアクセサリーやボレロを合わせましょう。

 

5

 

若々しく可愛いマスタード色のドレスです。

 

色味のあるこのようなドレスの場合は、

花嫁のドレスの色と被らないか確認をしておきましょう。

 

 

まとめ

 

今回は、秋の結婚式での女性の服装を取り上げました。

いかがだったでしょうか。

 

決まり事の多い結婚式ですが、

おしゃれも楽しんで祝福してあげましょう!

 


Sponsored Link

コメントを残す