2015年の恵方巻きを食べる方角は?正しい食べ方も紹介!

恵方巻1

節分に食べると縁起がいいとされる恵方巻き。

毎年変わる恵方を向いて食べるとされていますが、恵方についてはご存知ですか?

 

2015年の恵方とともに恵方巻きの正しい食べ方もおさらいしておきましょう。

Sponsored Link


 

恵方ってなに?

恵方巻2

その年の金運や幸運を司る神様である歳徳神(としとくじん)がいらっしゃる場所のことです

そんな福の神様がいらっしゃる方向にお願いごとをすると叶うと言われています。

また、この方角には決まりがあって、毎年変わっていきます。

 

恵方の決め方

恵方巻3

恵方は十干(じっかん)という中国から伝わった暦の表示を使います。

その名の通り10の方角がありますが、恵方は四方しかなく、毎年ローテーションしています

 

また、十干は方位磁石より15°ずつズレているので向くときは気持ち片側よりです。

 

2015年の恵方は?

恵方巻4

2015年の恵方は西南西やや右です。

 

難しいようですが、言い方を変えれば西を見てやや左でもあります。

なので向くときは西見て気持ち左で大丈夫です。

 

恵方巻きの正しい食べ方

恵方巻5

縁起がいいとされる恵方巻きも正しい食べ方をしないと意味がありません。

知っている人はもう一度復習して、知らない人は今年からやってみましょう。

 

1、 恵方巻きを丸々一本用意します

 

大きいからといって切ってはいけません。

恵方巻きは七福神にあやかって七種の具が入っており、

切ってしまうと神様との縁も切ってしまうことになってしまいます。

 

2、 恵方を向きます

 

歳徳神様がいらっしゃる方を向いて食べることでご利益を得ることができます。

なるべくキョロキョロせず、同じ方向を見ていましょう。

 

3、 黙って一気に食べきる

 

途中で食べるのを止めたり、おしゃべりしてしまうと、

口に入れた福を逃してしまうと言われています。

黙々と食べ続けてくださいね。

 

また、食べながらお願い事をすると叶うそうです。

 

恵方巻きを食べる時のコツ

恵方巻6

恵方巻きは具が多いので太巻きになってしまいますよね。

女性やお子さんは食べるのが大変だと思います。

そこで恵方巻きを食べやすくするコツをご紹介します。

 

手作り細巻き

 

食べやすくなるよう自分で作ってしまいましょう。

具を細く、酢飯を少なくしてギュッと固めて作れば食べやすくなりますよ。

 

上を向いて口から離さない

 

少し上向きにして口に頬張り、

もぐもぐしている間は唇に恵方巻きがついている状態にします。

すると具もこぼれず、恵方巻きを離すことなく食べられます。

 

最後に

 

いかがでしたか?

節分の定番になりつつある恵方巻きですが、

ただ食べるだけでは意味がないことがわかりましたね。

正しい方向を向いて、正しい食べ方で福をよんでください。


Sponsored Link