2014年の動物愛護週間はいつ?ポスターや標語、イベントも紹介!

ペットは家族です!動物愛護週間_html_aa4e8ca

今回は昭和24年から始まった、

ペットと末永く暮らすことを考える「動物愛護週間」について

まとめていきます。

 

 

Sponsored Link


 

動物愛護週間っていつ?

 

ペットは家族です!動物愛護週間_html_53a13407

 

日本国内にて、昭和24年に制定された「動物愛護週間」ですが、

現在は法律で毎年9月20~26日までの1週間が

この記念週間に当たるとなっています。

 

この期間内には、各地で動物を大切に育てることに関連した講座や、

展示といったイベントやボランティアによる里親募集が行われておりますが、

イベントの詳細については、後の章にてご紹介致します。

 

ちなみに、アメリカでは5月の第1日曜日からの1週間が

動物愛護週間となっています。

 

 

標語も募集してました!

 

ペットは家族です!動物愛護週間_html_81b416f1

 

昨年の「動物愛護ふれあいフェスティバル」のテーマは、

「捨てず、増やさず、飼うなら一生」だったのですが、

各地で標語の募集を受け付けています。

 

昨年の入賞作品は、東京ズーネットで見ることが出来ます。

 

作品の共通点としては「人間も動物も生きている」といったところでしょうか。

 

同じ動物で、命のある者同士なのですから、

自己都合で捨てようなどという考えは持ちたくないものですね。

 

お互いのテリトリーを守り、飼えなくなった際には、

里親を募集したり、ボランティアを通じて

引き取りをお願いするなど最後まで面倒を見てあげましょう。

 

 

動物愛護ポスターコンクールに応募したい!

 

ペットは家族です!動物愛護週間_html_4e8611b1

 

動物愛護週間には、各動物園などで

小・中学生を対象に絵画コンクールが開催されており、

動物の表情を切り取ったような絵が並びます。

 

人物を描き入れている子供達が多いのですが、

人間と一緒だと、動物も柔和な笑顔を見せてくれるのが

印象的に絵に表れています。

 

何と言っても子供達の感性で大きく生き生きと描かれる

動物を見ていると楽しい気分になってきますね。

 

今年は、一般公募にて「デザイン絵画コンクール」が行われています。

 

最優秀作品に選ばれますと、環境大臣賞が授与される他、

今年の愛護週間ポスターとして、全国にて使用されます。

 

この他、各県で行われているポスターコンクールでは、

佳作~金賞・特別賞のどれかに入ると

ホームページで公開されるようです。

 

気になる今年のテーマは「宣誓!無責任飼い主0宣言!!」とのこと。

 

今年の締め切りは5月末とのことで、

既に終わってしまいましたが、来年を狙う方は、

今から構図を根っておいても良いかもしれませんね。

 

 

60周年切手が可愛い過ぎる!

 

ペットは家族です!動物愛護週間_html_839db5c4
(画像はイメージです)

 

実は既に60周年を超えている動物愛護週間ですが、

この切手がまた可愛いのです。

 

その名も『動物愛護週間制定60周年切手』です。

 

1枚50円に寄付金の5円を足して、55円として、

平成21年9月18~翌年3月17日までの限定販売されたようです。

 

可愛い猫ちゃん・ワンちゃんが並ぶこの切手があれば、

お手紙を出すのも、勿体無いと感じてしまいますね。

 

 

行ってみたいイベント一覧

 

ペットは家族です!動物愛護週間_html_404ae78f

 

展示会が主な動物週間イベントですが、

これから予定が決まっている私の注目したイベント

「いぬねこなかまフェス」を紹介します。

 

様々な動物好きのアーティストが集うのが、

「いぬねこなかまフェス」です。

 

こちらは、動物愛護週間を広める為のイベントのようなので、

開催が9月16日の18:30からと他イベントよりも早めとなっています。

場所は渋谷公会堂とのこと。

 

このイベントの凄い点が、

清水ミチコさんを初めとするお笑いタレント・歌手による

ライブやコンサート、朗読コーナーの他に、

ジブリのキャッチコピー制作でも知られる糸井重里さんも来場され、

トークショーを行うことではないでしょうか。

 

入場チケットが必要で、無料ではありませんが、

来場する価値は十分にあります。

 

「動物愛護」とだけ耳にすると徳川綱吉風を思い出し、

硬いイメージがあるかもしれませんが、

大切なのは「ペットを人間の欲求を満たす道具にしないこと。」

だと私は思います。

 

この1週間で、動物と人との共存を考える機会にしたいですね。

 


Sponsored Link

コメントを残す